Magsjuka!スウェーデン流嘔吐後の掃除方法【Klorin】

かの有名な次亜塩素酸ナトリウム液を作りました!

こんにちは、Usaです。

今回は、スウェーデンの胃腸炎(Magsjuka)の掃除の仕方についてまとめていきたいと思います。

と言うのも、昨年子供の嘔吐から始まり家族全員に胃腸炎が感染ってしまい、完治後間もなく再び!!謎の強力なウイルスにかかって、それはそれはもう大変な思いをしました。

その経験から出来る予防は出来るだけし、いざ体調を崩した時に備え、どんな症状にも対応できるよう薬なども常備するようになりました。

特に、掃除は重要だと再認識したので、嘔吐下痢対策として日本では有名な『次亜塩素酸ナトリウム液』をこちらでどうやって作れるか調べてみました!

塩素系漂白剤

次亜塩素酸ナトリウム液とは、いわゆる“塩素系漂白剤で除菌掃除する”というもの。

漂白剤(Blekmedel)は塩素系と酵素系があるんですが、こちらでは有名な漂白剤Vanish(バニッシュ)は酵素系漂白剤(Syrebaserade blekmedel)なので、嘔吐物などの掃除には使えません。

スウェーデンで買える塩素系漂白剤(Klorbaserade blekmedel)の代表的な商品が、このKlorin(クロリン)です。

クロリンはアメリカの多国籍企業《Colgate-palmolive》社から出ているフランス原産商品で、健康相談窓口【1177 vårdguiden】でも、推奨清掃方法としてこの漂白剤が紹介されてました。

が、スウェーデンではまず日本の家庭ほど塩素系漂白剤で除菌することはあまり一般的ではないようで、使っても主にトイレで使うものだそうです。

嘔吐物の掃除方法を調べていると、人体にも環境にも良くないので塩素系漂白剤ではなく、通常の洗剤で十分というサイトもあったくらいでした。

感染って家族全員同時に倒れる体験をした筆者は、共倒れは二度とごめんなので、この塩素系除菌をマスターすべく、この度クロリンデビューしました!

塩素系を扱う時に必要なものがビニール手袋、そしてマスクも必須ですね。換気もお忘れなく。

次亜塩素酸ナトリウム液の作り方

このクロリンは750mlと1.5Lのボトルがあります。750mlだと15kr〜27krの間くらいで売られています。1.5リットルのボトルは35kr前後でした

クロリンは塩素濃度5%で、日本で主流なHIT*商品は6%なのでだいたい同じですね。

ボトルに作り方が書いてあるんですが、こちらでは一般的なデシリットル表記(1dl*デシリットル=100ml)なので配合割合を計算してみました。

klorinのキャップは測る用ではないので目盛りは付いてませんが、すりきり一杯で約10mlでした。

面倒なことは嫌いな私はこのキャップで作りたいので、手袋をして作っています。

⭐︎トイレ掃除、嘔吐物の処理片付け
【クロリン20ml(キャップ2杯)+水1リットル】
⭐︎ドアノブなどの除菌
【クロリン3、4ml (キャップ半分弱)+水1リットル】

の分量で、次亜塩素酸ナトリウム液ができます(°´ ˘ `°)/

また、嘔吐物で汚れた衣類等はこちらの洗濯機は温度設定できるので、水温90度に設定して自宅で滅菌洗濯ができます。

お風呂場のカビ掃除

クロリンも日本で一般的な漂白剤と同じ用途で使え、掃除も同じようにできます。

せっかくなので早速カビお掃除に使ってみました!

今までバニッシュでも落とせなかったお風呂場の黒カビが落ちました!きれいなお風呂場でシャワーが出来ると気分がいいです。家の中が綺麗だと心が元気になりますね。

カー用品店兼ホームセンターのBiltemaにも類似品が売ってました。こちらも塩素濃度5パーセントです。1リットルで15クローナ(約190円)は最安ですかね(^^)

おかげで痩せました笑

昨年の後半は毎月子供も筆者も風邪を引いていて、10月末に子供がまず風邪をいつも通り保育園でもらってきて鼻風邪を引いてました。

それがもうすぐ完治と言うタイミングで早朝に突然嘔吐し、2日後には親二人同時に胃腸炎になりました。

心当たりとしては腸炎ビブリオだったかもしれないし、違うバクテリアだったのかもしれません。

スウェーデンでは胃腸炎程度で病院にかかるレベルではないので、自宅療養してその完治後、今度は謎の強力なウイルスにかかってしまい、完治まで4週間近くかかりました。

ただのタチの悪い風邪と思っていたんですが、流行ってるRSウィルスかもしれないと病院に行くも、症状が軽いとどのウイルスに感染してるかまでは、こちらでは検査してくれないです。

病院から咳止めの薬等も出してくれるわけもなく(ちょっと期待はしてましたが)、仕方なく市販の咳止めを大量に購入し、自宅療養を続けました。

子供も徐々に回復しましたが、筆者も3週間くらいは食欲が落ちてほとんど食べられなかったので、なんと!産後2年間、毎朝激痛に耐えていた足底筋膜炎の痛みが消えました!!それくらい体重が減ったんでしょうね笑

寝起きの足でドア下の敷居の段差やマットの端っこを踏んだだけで悶絶する痛みに耐えていたので、体重が減ったのは怪我の功名でした。

いかがでしたか?

もう2度とあんなトラウマな夜は過ごしたくないので、対策バッチリして予防もしっかり、体調管理もしっかり行って日々過ごしたいと思います。

以上、スウェーデンで作れる次亜塩素酸ナトリウム液の作り方のご紹介でした。いつもお読みいただきありがとうございます!

おすすめ記事!

Photo by qimono from Pixabay

スウェーデン土産の定番?らしいハンドソープ【bliw(ブリュー)】使用レポート!

※2020年11月16日加筆修正しました。

スウェーデン生まれのハンドソープ“bliw”

こんにちは、Usaです。

2020年に入り、定期的に購入する回数が急に増えた物があります。

それは“ハンドソープ”です。

手洗いの回数は普段の何倍も増えましたよね!と言うことで、今回はスウェーデン土産でよく見かけるあの商品をレビューしていきたいと思います。

とてもいい香りのbliw☆

スウェーデン土産のハンドソープと言えばこの商品、お土産リストなどで見たことがある方も多いのではないでしょうか?

『bliw(ブリュー)』はノルウェーの『orkla(オルカ) 』という会社(持株会社/ホールディンカンパニー)から販売されているハンドソープです。

スウェーデン語発音っぽく言うと『ブリーヴ』になります。

写真にあるしずく型の携帯用ソープとポンプ式のものがあります。

1968年に販売開始された『ブリュー』はスウェーデンを始め北欧初の液体ハンドソープだそうですよ。

商品はスウェーデンのFalun(ファールン)にある工場で製造されています。2017年にはVeganマークにも認定されました。

『ブリュー』はまずスウェーデンで販売開始され、のちノルウェーなどでも発売、エコ商品なので北欧で非常に人気だそうで、 しずく型のハンドソープの方は日本では“スウェーデンの定番お土産”として人気があるのかもなのかもしれません。

以前の記事で〔参考記事:【厳選5点】スウェーデン定番のお土産〕で私筆者に辛口に書かれているハンドソープがこれですね。【※後述有り】

上記写真のしずく型ブリューは貰い物です。

これ、実は筆者は

 

スウェーデンのスーパーで一度も見かけたことがない!

 

のです。

このしずく型ブリューは一体どこで買えるんでしょうか?地域によるのでしょうか?

【2020/11加筆しました】

コメントを頂き、Dollar storeに行ってみたところ、初めて店頭でしずく型ブリューを見かけることができました!

ただ、すぐ開けれるので試した方がきちんと蓋を閉めてないからか全てソープでベタベタでした。

*

ポンプ式のブリューは、数年前に親戚へのお土産用として知らず知らず購入した記憶があります。

筆者はこれまでのスウェーデン暮らしで割と質素に暮らしてきたので、スウェーデンならではの物に特別な思い入れがなく、必要なもの最低限で生活してきました。

そのため一時帰国のお土産選びに迷った際、『スウェーデンと言えばベリー!』と言うことでお土産に偶然買ったこのワイルドストロベリーが描かれているハンドソープが『bliw』だと“今年”気が付きました!

辛口記事でも述べていますが、筆者は家で使うものは使いやすいほうが好きなので、お土産もポンプ式を選びましたね(という前にしずく型が売っていませんでした)。

現在(2020年〜)、販売されている香りは

《*ポンプ式(300ml)*》

◆ブルーベリー(Blåbär)

◆ヤブイチゲ*藪一華(Vitsippa)

(Bild av Marisa04 från Pixabay )

◆ヨーロッパアカマツとキンセンカ(Tall & Ringblomma)

◆木苺(Rödhallon)

◆森のベリー(Skogsbär)

◆ワイルドストロベリーの夢(Smultronsdröm)

◆エルダーフラワーとルバーブ(Fläder & Rabarber)

◆ムラサキツメクサと木苺(Rödklöver & Hallon)

(Bild av JamesDeMers från Pixabay )

◆スナジグミ(Havtorn)

(Bild av Uschi Dugulin från Pixabay )

◆キッチン石鹸(Kökstvål*ライムとワイルドタイムの香り)

価格は一つ20クローナ前後、日本円で250円ほどと言ったところですね。

 

《*手のひらサイズ携帯シリーズ(しずく型150ml)*》

◆ビオラ・リビニアナ(Skogsviol*スミレ科)

◆ブラックベリー(Björnbär)

◆チモシー・グラス(Timotej)

(Bild av AnnaAr från Pixabay )

◆クランベリー(Tranbär)

などがあるみたいです。こちらの価格は一つ200円ぐらいするようです。

この記事を書くにあたり、改めて何軒かスーパーでしずく型ブリューを探してみましたが、本当に売ってません(/ _ ; )

ブリュー購入のきっかけ

毎日、手洗いが必須な日常になり、次にハンドソープを買うなら見た目も香りも良い商品を使いたいと思い、購入したのがポンプ式のブリュー“森のベリー”でした!(下記写真左)

まずデザインが本当にお洒落!

透明タイプのハンドソープなので裏の絵が見えるんですよね!絵も何種類かあり迷いました。

そしてベリー好き筆者にぴったりなベリーの香りのハンドソープ!買って帰った日は使うのが楽しみでした!

使用してみた感想は、とにかく本当に香りが良い!!

筆者は森のベリーのブリューが大のお気に入りになり、その後もいくつも購入しています。手を洗った後もベリーの甘酸っぱい香りが香り続けるので帰宅後の手洗いが楽しみになりました。

ちなみに、筆者夫はブルーベリーの香り(写真右)が一番好きだそうで、実はこれも知らず知らず詰め替え用を自宅にある他のポンプに入れて使っていました。

それもブリューだったと気付いたのは今年です。(興味がないと本当に気にしない性格なんです。)

そして、しずく型のブリューはフタを開けるとこんな感じでした。

中身は香りがポンプ式とは異なりますが、同じハンドソープです。(手を洗う前にソープを持ってフタを開け閉めするのが面倒ではない方には良いかもしれません。筆者は言うと…このしずく型ブリューも数年前に頂いたもので、今年初めて開封しましたよ)

 

【※後述】

このしずく型ブリューの正しい使い方は透明キャップを少しだけ回して開けて、キャップ上の穴からソープを出すそうです。

チモシー・グラスと言う名のこちらも非常に良い香りでした!コロコロっとした見た目は可愛い…のかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

散歩中やハイキングで見かける花々の名前は意外と日本語でもスウェーデン語でも知らなく、勉強になりました!

森の散歩が好きなスウェーデン人らしい身近な花やベリーの香りを毎日の手洗いでもぜひお楽しみください!

いつもご愛読いただきありがとうございます。

おすすめ記事!

Photo Miroslava Chrienova från Pixabay

西洋イラクサよりも危険な植物【ジャイアント・ホグウィード】

触ると大火傷する危険な植物

こんにちは、Usaです。

先日、葉に触れると虫刺されのように皮膚が膨れ上がって軽い火傷を負ったようになる植物“Brännässla (ブレンネスラ)”をご紹介しましたが、スウェーデンにはまだまだ危険な植物があるのです。 “西洋イラクサよりも危険な植物【ジャイアント・ホグウィード】” の続きを読む

痛い!西洋イラクサ【Brännässla】にご用心を!

セイヨウ(西洋)イラクサを知っていますか?

こんにちは、Usaです。

スウェーデンでは一年で一番の盛り上がりを見せる夏至祭(Midsommar)を今年はゆっくり過ごし、近所を散歩していた今日の午後、ついに筆者も“コレ”の被害者になりました!

今回は、記事は短いですがスウェーデンでは“危険”と有名なあの植物をご紹介します。

見た目は虫刺されのよう!火傷する植物

危険な植物とは、ズバリ上記写真の緑色の葉の植物です。少しシソの葉に似た植物ですね。

日本名は『セイヨウイラクサ』と言いますが、スウェーデン語では『Brännässla(ブレンネスラ)』と言い、“Bränn”は英語で“Burn”、日本語だと“燃える”とか“火傷”という意味になるでしょうか。

早速、この緑の葉に触れた筆者の腕の写真を見ていただきましょう。

肌がぼっこりを膨らんで、周りの肌も赤くなっているのが分かるでしょうか。(※2枚目写真は鳥肌もちょっと立っています。)

本日、うっかりこのBrännässlaに触れてしまったのです。

毎年、夏場にはどこでもこの植物は見かけますが、幸運にも今まで触れたことなかったのです。今日は散歩中「なんか痛い!…もしやコレは⁉︎」と思ってよくよく緑の葉を見たら、予感的中でした。

これまで、子供が知らずにBrännässlaに触って「痛ーい!痒いよー!」と騒いでいるところは見かけたことがありましたが、まさか自分も不意打ちでやられるとは思ってもいませんでした。

「どんだけ痛いんだろう」と思っていましたが、葉に触れた瞬間は「ん?なんか痛いぞ!?」といった具合でした。

そしてそのあとは痒くなると聞いていましたが、筆者の場合は全くと言っていいほど痒くはありませんでした。ちょっと熱持ったかなぐらいで済んで良かったです。

このBrännässlaは、皮が厚い手の平で触るとなんともないんだそうですが、手の甲など普通の皮膚に触れると、写真の皮膚の通り、虫刺されのように膨れ上がり20〜30分は痒みに襲われるのだそうです。

そして、触ると危険なBrännässlaは、なんと食べることが出来ます

葉っぱをみじん切りにしてスープにしていただくのだそう。食べたことがある人によると、「ほうれん草のような味がしてとても美味しい」のだそうです!

いかがでしたか?

夏場、自然に触れることも多くなりますので、この“セイヨウイラクサ”には十分注意が必要ですね!

最後までお読みくださいましてありがとうございました(°´ ˘ `°)/

おすすめ記事!

 

スウェーデンの祭日&祝日【Valborg o Första maj】

2019年の4月後半は休日が充実!

4月もあっと言う間に半ばに差し掛かって来ましたね。来週の木曜日からはイースター休暇が始まります。

2019年の今年は

 

4月18日(木)に“Skärtorsdagen(聖木曜日)”と言う祭日に始まり

19日が“Långfredagen(長い金曜日)”

20日は“Påskafton(イースター・イブ)”

21日がイースター当日の“Påskdagen(イースター)”

そして22日は“Annandag påsk(イースター・マンデー)”と言うお休みになります。 “スウェーデンの祭日&祝日【Valborg o Första maj】” の続きを読む

店内も持ち帰りも同税率なスウェーデンの消費税【Moms, Krona o Öre】

※2019年3月27日加筆・修正しました。

スウェーデンの消費税と軽減税率

こんにちは、Usaです。

日本も2019年10月に消費税が10パーセントに上がることがほぼほぼ決まった!?ようですが、今回は税金が高い国代表のスウェーデンの消費税はどんな感じなのか、ご紹介していきたいと思います。 “店内も持ち帰りも同税率なスウェーデンの消費税【Moms, Krona o Öre】” の続きを読む