移民局職員アフガニスタン人121名に不正にビザ発給する

スウェーデン移民局の50代男性職員による、スウェーデンの居住許可申請を行なっていたアフガニスタン人121名に対し、不正な審査の結果、居住ビザ取得を許可していた事件が発覚した。

この男性職員は今週火曜日に逮捕された。

逮捕された男性職員は2016年にビザ発給偽造の報告がされており、2017年1月にすでに移民局を解雇されていた。

居住許可を得たうちの21人に関しては、毎年7月にスウェーデン南部のBåstadで開催されるテニストーナメント『Swedish Open i Båstad』に企業から招待を受けたとする偽造文書を提出しており、この男性職員はその偽造文書をそのまま受理していたと言う。

おすすめ記事!

 

 

 

Photo by Pixabay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。