盗まれた王冠の数点発見される

昨年、2018年7月31日首都ストックホルム郊外のストレングネス大聖堂で展示中だった17世紀のスウェーデン王室の王冠など数点が盗まれる事件が発生した。

その事件から約半年ほど経った昨夜1時頃、ストックホルム北部の町オーケースベーガ(Åkersberga)のゴミ箱から盗まれた数点の一部が警備員によって発見された。

警備員はまず“BOMB(爆弾)”と書かれたビニール袋を発見したと言う。

ゴミ箱に入っていたのは、りんごの装飾品と王冠2点またはその一部と見られている。

発見された装飾物は無傷と報道されている。

Livrustkammaren (The Royal Armoury) / CC BY-SA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。