独身最後の大騒ぎは人生最大の試練!? Möhippa och Svensexa

スウェーデン版『バチェラーパーティー』

こんにちは、Usaです。

スウェーデン語には英語とよく似た単語があります。例えば英語の“ Station ”は“ Station ”(発音はスタション、またはスタフン)、“ Book ”は“ Bok ”、“ Chocolate ”は“ Choklad (フックラード)”などがあります。

その一方で、スペルも発音も意味さえ全く被らない単語も存在します。

Strawberry”は“Jordgubbe(ヨードグッベ)”と言いますし、英語の“Gift”はスウェーデン語では“結婚または毒”と言う意味になります。

スウェーデン語でバチェラーパーティはなんて言う?

では、本題に入りましょう。

Möhippa(ムーヒッパ)』と『Svensexa(スベンセクサ)』と言う単語を初めて耳にするときは、“一体何だろう?”と思いますね。

これを英語でいうとSvensexaが【バチェラーパーティー】、Möhippaが【バチェロレッテパーティー】と言う意味になります。

アメリカのドラマを観る方などは馴染みある言葉かもしれませんね。

簡単に言うと結婚前の独身さよならパーティーのことです。アメリカのバチェラーパーティのように男性も女性も同性の友達、姉妹だけで1日を過ごします。

ただし、中身はアメリカとは少し異なります。

アメリカでは若者ならではの過激な騒ぎ方をするようですが、スウェーデンでも多少荒いこともする人たちもいますが、比較的大人しめです。

それでは筆者が体験した話や聞いた話を含め、ご紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。