魔女がいるスウェーデンのイースター【Påsk*ポスク】

スウェーデン伝統のイースターはひよこじゃない!?

2019年、日本のイースター文化が始まって早10年。日本ではもうお店などにイースターの飾りがお目見えしているそうですね。

ここスウェーデンもイースターをお祝いしますが、アメリカのイースターとは少し違ったスウェーデン伝統のお祝い方法があります。

今回はそのスウェーデンスタイルのイースターについてご紹介していきます。

スウェーデンのイースターはポスク

スウェーデン語でイースター(復活祭)は『Påsk(ポスク)』、イースター休暇を『Påsklov(ポスクロヴ)』と言います。「ハッピーイースター!」は「Glad påsk(グラッド・ポスク)!」と言います。

まず“なぜPåskを祝うのか”を簡単に説明しますと、その昔神の子として地上に誕生し、ペテン師と罵られ磔の刑の処されたイエスキリストが、その3日後に生前イエスが予言した通り生き返り、そして天の神のもとに帰られたことを祝う日がイースターです。

イースターは移動祝日で『春分の日後に初めて来る満月の次の日曜日』に来るので、3月22日から4月25日の間のいずれかの日曜日になります。

今年は遅めの4月21日日曜日がイースターだそうです。実はまだまだ先なんですね。

( 出典:Green Yoshi [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons )

スウェーデンではイースターが近づくと、『Påskris(ポスクリース)』と呼ばれる白樺の枝に黄色やカラフルな鳥の羽をつけたものを店先や家の中に飾りますが、まだ先の祝日なので飾り付けはどこもまだですね。

ポスクの歴史

この“ポスク”という名前はイエスが生きていた時代に話されていた言葉、ヘブライ語Pesash(ペサハ)から派生した言葉です。

英語(※ドイツ語も)では春の女神エストレ(Ēostre)から付けられたイースターと言いますが、イタリア語では『Pasqua』スペイン語は『Pascua』フランス語は『Pâques』デンマーク語は『Påske』とヘブライ語派生派の言い方も多いですね。

そして、イースターと言えばうさぎ、ひよこや卵のイメージがありますよね。彩りも淡いパステルカラーで可愛らしいですね。

こちらの由来はウサギといえば多産、ひよこも卵から生まれることから復活の象徴として飾られるようになったようです。

そしてスウェーデンで伝統的なイースターのキャラクターと言えばひよこ、ウサギに加えて『魔女』です。飾りもウサギなどの置物と一緒に箒に乗った魔女の人形も飾ります

ちなみに『イースターバニー』のウサギは“Hare”で“Rabbit”ではないそう。スウェーデン語でもイースターバニーは『Påskhare(ポスクホーレ)』と言います。(ラビットは“Kanin*カニーン”です)

“Hare(英:ヘアー 瑞:ホーレ)”は耳も足も長いウサギちゃんのことですね。

“Bunny”は日本語の“うさちゃん”と言う愛称で、日本語では“Hare”も“Rabbit”も同じウサギと訳しますが、外国ではハムスターとモルモットの違いぐらいあるそうです。

Pocket

アバター
About Usa 62 Articles
ご訪問ありがとうございます! スウェーデン在住Usaと申します! スウェーデン関連の情報をお届けしています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*