北欧スウェーデンで年中水着が必須なワケ

いろいろあるスウェーデンのもの

北欧スウェーデンのイメージと言えば何?

と聞かれれば、有名どころで言うと雪国、北欧の大手家具店イケア、ノーベル賞、ジブリ映画『魔女の宅急便』のロケ地ストックホルム、世界一臭い缶シュールストレミング、ヴァイキング、アバ(ABBA)、H&M、VOLVOと言ったところでしょうか。

中にはスウェーデンと言えばイケメン!と言う方もいらっしゃいそうですね。

そしてもう一つ、スウェーデンの文化で忘れてはならないものが“サウナ”です。テレビ番組で北欧が特集になるときは、決まってサウナが特集されますよね。

世界には至る国でサウナ文化というものがありますが、スウェーデンでもこの寒い冬の時期は、サウナへ足を運びます。

“サウナ”はフィンランド語!ではスウェーデン語では?

サウナと言う言葉はお隣の国フィンランド語から来ています。“蒸し風呂”と言う意味があるそうです。ちなみにフィンランド、フィンランド語はフィンランド語で“Suomi(スオミ)”と言います。

そして、サウナはスウェーデン語で『Bastu(バストゥ)』と言います。サウナでも通じますが、公共施設のサウナにはスウェーデン語の“Bastu”または“Bastubad(サウナ風呂)”などと書かれている場合が多いので、単語を覚えておくと良いかもしれません。

夏の間は市営プールなどに付属しているサウナにも行きますが、真冬のこの時期にサウナに行くならば“海”です。

スウェーデンには海岸のそばや湖にサウナ施設があり、サウナで十分身体が温まったところで、ご存知の通り真冬の冷たい海や湖へ飛び込みむのがお決まりです。そのため水着を着用してサウナに入ります。

市民プールに付属している男女別のサウナに入る場合は、身体にタオルだけ巻いて入りますが、公共のサウナ施設だと男女兼用ですし、海に飛び込むので冬でも水着が必要と言うわけです。

Pocket

アバター
About Usa 104 Articles
北欧スウェーデン在住Usaです! スウェーデン暮らしの中で『“見た!聞いた!”スウェーデン関連の情報』をお届けしています٩(ˊᗜˋ*)و

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*