飲酒運転OK!?なスウェーデンのお酒事情

※2021年8月18日加筆しました。

スーパーでお酒が買えない!?

こんにちは、Usaです。

日本ではコンビニ、スーパー、自販機などどこでもお酒は買えますが、ここスウェーデンでは違います。

スウェーデンでは国営の酒屋でしかお酒を買うことが出来ません

スウェーデンではアルコール飲料専門店の『Systembolaget(システムボーラゲット)』でビール、ワインなどのアルコール飲料が買えます。

Sytembolagetはどんなところ?

( 出典:Pixabay )

“SystemBolaget”を日本語訳すると『システム(組織)会社』と言う意味になります。

店名らしからぬ名前ですが、その品揃えは素晴らしいもので、ヨーロッパのお酒はもちろん世界中のお酒が売られています。

もちろん日本のビールや日本酒、世界でも絶大な人気が誇るサントリーのウィスキーなども取り揃っています。

スウェーデンでは非常に酒税が高く、その税率はお酒の種類やアルコール度数により変わってきます

度数が上がれば上がるほど酒税も高くなります。

例えば、スウェーデンのウォッカ“Absolut Vodka(アブソルート・ウォッカ) ”は

 

◆日本のAmazonで買うと【750mlボトル】がおよそ1400円(約120クローナ)

で買えますが、スウェーデンでは

【700ml】と内容量が減って、価格は倍の約3000円(239クローナ)※になります。

 

これはまず、アルコール度数40%のウォッカの酒税が700mlの量で【約145クローナ】になり、日本円で約1700円ほど酒税として追加されるためです。お酒を買うと半分は酒税で持ってかれる感覚ですね!

【2021年8月 加筆しました】

先日、近所の店舗では取り扱いのないお酒と日本のビールをsystembolagetのウェブサイトからネット注文し、最寄りのsystembolagetで受け取ってきました。手数料なしで購入できるのは良いですね!

スウェーデンは18歳からお酒が飲めます

お酒はSystembolagetで購入出来ると説明しましたが、実は一般のスーパーでもビールなどは置いてます

ただし、アルコール度数3.5%以下のライトビール(Lättöl)や度数1%以下のサイダー、ワインのみになります。

そしてスウェーデンでは18歳からお酒を飲むことが出来ますので、18歳以上の人ならスーパーでビールを買うことができます。

高校の卒業式では、お酒を飲んでいる子たちがいたりしますよ

Systembolagetは20歳になってから購入が可能です。

年齢確認でIDカードの提示を求められることもあります。日本人を始めアジア人は若く見られますので、IDカードは必ず持ってお酒を買いに行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。