12月24日15時から始まるスウェーデンのクリスマス

※2019年8月28日加筆・修正しました。

クリスマスイブとクリスマス、どちらの日を祝う行事か考えたことはありますか?

こんにちは、Usa(@swedenjoho)です。

日本のクリスマスは、クリスマスイブもクリスマスも両日お祝いしますが、スウェーデンでは24日のクリスマスイブを祝う行事となっています。

クリスマスイブの過ごし方は、アメリカや他の西洋諸国と同じく、家族と一緒に過ごします。

クリスマスの豪華な食事を、家族一緒に食卓を囲むのは欧米諸国とも変わらぬ光景かもしれませんが、大きく3つスウェーデンスタイルと言えるものがあるので、ご紹介していきたいと思います。

家族全員がテレビの前に集合!

まず一つ目は、毎年12月24日の15時から放送されているディズニーのクリスマス番組『Kalle Anka(カレ・アンカ)』を家族みんなで見ると言うものです。

番組の前半は毎年同じだと言うクラシックなディズニーアニメと、後半は毎年少しずつ変わって最近のディズニーアニメで構成されているようです。

ちなみに、ディズニーと言えばミッキーマウスですが、番組のタイトルにあるようにスウェーデン語で“Kalle Anka(カレ・アンカ)”こと、ドナルドダックがスウェーデン国民に愛されています。

スウェーデンではサンタに会える!

( 出典:rawpixel.com )

二つ目は『サンタがディナー後にやってくる』ことです。

日本は子供達が寝ている間にサンタクロースがこっそりプレゼントを置いていって翌朝25日にプレゼントを開けますが、スウェーデンでは、スウェーデンのサンタクロース“トムテ”がパーティーの途中家にやってきて、ツリーの下に置いてあるプレゼントを、一個ずつプレゼントに付いている名前を読み上げて本人に渡してくれます。

全員分渡し終えてトムテが帰ったら、一斉にプレゼントを開けます。(※家庭によって多少の差異はあるようです٩( ᐛ )و)

このトムテは、家族・親戚の誰かが変装して家にやってくるので、顔を隠すのが重要で、夜なのにサングラスかけることもあります。

変装用のトムテマスクは、けっこう顔が怖いので、初めてトムテを見る赤ちゃんが大泣きするのがお決まりなのだそう!

クリスマスはお米を食べるスウェーデン人

三つ目は『クリスマスケーキがない』ことです。

日本育ちで、幼少の頃からクリスマスには生クリームたっぷりのケーキを食べてきた身には、正直寂しいデザートなのですが、スウェーデンでクリスマスに食べられるデザートと言えばここ“Ris a la Malta”。

苺や木いちごなどの赤いベリーソースが添えられたミルク粥です。

炊いたお米に生クリームの組み合わせとは、初めて食べる人には好みが分かれるところではありますが、食べ慣れてくるととても美味しく頂けます。

日本では、クリスマスと言えば恋人たちのイベントになっていますが、クリスマスは西洋諸国では日本の正月のようなもの。

家族みんな健康で幸せでいられることに感謝したい日ですね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


スウェーデンランキング

⇑⇑応援ポチッ感謝です✧٩(ˊωˋ*)و✧⇑⇑

Pocket

アバター
About Usa 134 Articles
北欧スウェーデン在住Usaです! スウェーデン暮らしの中で『“見た!聞いた!”スウェーデン関連の情報』をお届けしています٩(ˊᗜˋ*)و

2 Comments

  1. 初めまして!検索から辿り着き記事を拝見しました。コメント失礼いたします。
    今年の12/24-26にストックホルム旅行を考えております。クリスマスのため25日はほとんどお店が開かない…と様々な記事で目にしたのですが、スーパーマーケットも開かないでしょうか?クリスマス当日の様子を教えていただけますと幸いです。

    • コメントありがとうございます!
      クリスマスにご旅行されるんですね(*^o^*)
      確かにブティックなどのお店は閉まっていますが、大きいスーパーなどは午後3時までなどと早めに閉まりますが開いてます。
      毎年、何だかんだでクリスマス当日に開店時間を確認しては買い出しに行っている記憶があります。
      クリスマス近くになると、ネット検索すれば開店/閉店時間が調べられるので“場所とスーパー名(例:Coop、Ica)”で検索してみてください(^_^*)
      素敵なクリスマス旅行となりますように☆

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*