ヨーテボリ乳児誘拐の39歳女性に実刑判決

今年1月22日にスウェーデン第二都市のヨーテボリで発生した6ヶ月の乳児誘拐で逮捕された39歳女性に、実刑判決が下された。

この事件は、母親が上の子供を幼稚園に迎えに行った際に、幼稚舎建物前でベビーカーに6ヶ月の女の子を寝かしたまま母親がその場を離れた隙に、容疑者女性がベビーカーごと連れ去った事件。

誘拐された女の子はその後無事に近所のスーパーの駐車場で発見された。

3月中旬に地方裁判所の判決で、2年の拘禁刑(刑務作業なしの禁固刑)を言い渡されたが、容疑者女性はこの判決を控訴。

控訴裁判所(高等裁判所)の判決が本日下り、同じく2年の拘禁刑が言い渡された。

おすすめ記事!

 

 

 

Photo by Pixabay

誘拐された6ヶ月の女の子が無事発見される

 

2歳児にグルーガン使用させ大やけど

スウェーデン、ストックホルム北部のある保育園(Förskolan)で先週月曜日、イースターの飾り(Påskpysslet)を作る作業中に、2歳児がグルーガン(Limpistol)の高熱で溶けた接着剤を両手で掴み、大火傷を負う事件があった。

大火傷を負った男の子の母親は保育所からの連絡を受け、息子を病院へ連れて行き、緊急治療室で火傷の治療を受けることになった。

母親は泣きじゃくる息子を見て「息子のことをとても心配した」と話す。

火傷を負った子供の母親は、保育所の代表者と話をした際「グルーガンの使用には問題なかった。今後も使用を続けるつもりだ」と話されたと言う。

果たして、2歳児へのグルーガン使用は適切だったかどうか議論が残るところだが、この事件をきっかけに子供のグルーガン使用は控えられることだろう。

おすすめ記事!

 

 

 

Photo by Pixabay