イラク元国防大臣、在任中も生活費受給していたスウェーデンに戻る

イラクの国防大臣(2019年6月ー2020年5月退任)を務めたナジャー・アリ・シャンマリ(Najah al-Shammari)氏(53歳)がこの度、難民ビザを申請しその後市民権を得ていたスウェーデンに帰国した。

シャンマリ氏は2003年より軍の重要ポストについてきたイラクの軍人であるが、2009年9月に偽名(Najah al-Adeli)を用いスウェーデンで難民申請を行った。

申請は数ヶ月後に許可され、2年後にはスウェーデンの永住権を取得、その翌年にはイラクに住む家族もスウェーデンへ呼び寄せた。

さらに国籍取得に必要な3年をスウェーデンで過ごし、2015年にスウェーデン国籍を取得。

病気のため職に就けないと申請していたため、スウェーデン政府から難民給付金や住宅給付金をイラク帰国後も長年受け取っていた。

シャンマリ氏の給付金不正受給については調査が続いている。

(国防大臣在任中のシャンマリ氏-2019年撮影)

おすすめ記事!

 

3月19日より最大30日間、スウェーデンへの入国禁止

スウェーデン政府はEU(欧州委員会と欧州理事会)からの要請を受け、新型コロナウイルス感染対策の一環として3月19日(木)より最大30日間(現段階では4月17日までの予定)、欧州経済領域(EEA)加盟国(31カ国)とスイス以外の旅行者を他のヨーロッパ諸国同様に入国禁止としています。

現在、スウェーデンは国境封鎖などの措置はしていませんが、隣接国フィンランド、ノルウェー、デンマーク、ドイツ、ポーランドが国境封鎖しているため事実上、陸路・海路からの入国が難しくなっています。

この渡航禁止期間中に空路等でスウェーデンへ入国出来る人は以下の通りです。

・スウェーデン国民、スウェーデンの市民権がある者

・長期のスウェーデン居住許可(ビザ)を持つ者(ザンボビザでも渡航可能)

・EEA31カ国(フィランド・ノルウェー・デンマーク・アイスランド・エストニア・ラトビア・リトアニア・ベルギー・オランダ・ポーランド・ドイツ・フランス・オーストリア・リヒテンシュタイン・ルクセンブルク・チェコ・イタリア・マルタ・スペイン・ポルトガル・イギリス・アイルランド・ハンガリー・ギリシャ・ブルガリア・ルーマニア・スロバキア・スロベニア・クロアチア・キプロス o スウェーデン)とスイスの市民

・難民

・緊急的な家族の面会が必要な者

・医療関係者・物流関係者・外交官など

おすすめ記事!

 

 

 

Image by Joachim Laatz from Pixabay

スウェーデン新型コロナウイルス感染者14人超え、感染リスクレベルを「非常に高い」へ

新型コロナ対策、スウェーデンは国境封鎖なしへ

【マルメ爆弾騒ぎ】容疑者男の身元を特定

昨日6月10日(月)の午前10時過ぎに起きた爆弾を所持していると騒ぎを起こした男の身元が判明した。

逮捕された男はイタリア国籍の40代男性。昨年5月にスウェーデンに入国し、翌6月にはマルメ市内に住民登録していたと言う。

昨日、このイタリア籍の男はスウェーデン南部スコーネ県にあるスウェーデン第三都市マルメ(Malmö)の“マルメ中央駅”で、構内を歩く人々に向かって「爆弾を持っている」と声をかけ騒ぎを起こした。

駆けつけた警察官により両足を撃たれた容疑者は、撃たれてもなお、駅構内を動き回った。

身柄を拘束された男はその後、病院で治療を受け、命に別状はない。

マルメ中央駅とその周辺は騒ぎから数時間閉鎖されたが、午後には電車の運行が再開された。

男が所持していた鞄は“爆弾と銃が入っている”と男が主張していたが、調査した結果、危険物は入っていなかった。

イタリア国籍の容疑者は、イタリアのパスポートの他に2つ別の国のパスポートも所持していると言う。

おすすめ記事!

 

 

 

Photo by Pixabay

ウクライナ人代理母が出産した娘、IDナンバー取得できず

今年3月中旬、あるスウェーデン人の夫婦はウクライナ人の代理母が出産した待望の我が子の両親となった。

スウェーデンでは代理母出産は法律で禁止されているため、代理母出産を希望するカップルは外国の医療機関を頼らざるを得ないのが現状だ。

今回、小さな女の子の父・母となったスウェーデン人の夫婦は、その生まれて6週間の娘をスウェーデンに連れ帰ろうとしたが、スウェーデンの税務署にウクライナで代理母が出産した子供にIDナンバー(Personnumer:社会保障番号)は発給できないと言われたと言う。

IDナンバーがなければスウェーデンのパスポートを取得できず、ウクライナからも出国できない。

当然ながら税務署に抗議し、最終的な返答を得るまで最低半年は待つことを覚悟した二人だったが、今週に入り突然「仮のIDナンバー、Samordningsnummer(調整番号)」が娘に発給されたと言う。

※本来誕生日が番号になるものが日付に60を足したナンバーが仮のIDナンバーとなる。例)2019年3月1日が誕生日の場合、本来ならば《20190301-XXXX》がIDナンバーになるが仮の番号は《20190361-XXXX》となる。

調整番号も社会保障番号と同じ効力を持つため、生まれた女の子はスウェーデンに帰国する予定だが、代理母問題の課題が浮き彫りとなった。

おすすめ記事!

 

Photo by Pixabay

育児休暇中のママ勝手に死亡届提出される

24歳のAstrid(アストリッド)さんは、生後数ヶ月の娘の育児のため育児休暇(Mammaledig)中のスウェーデン人ママだ。

ある日、彼女が家のポストを確認するとアストリッドさん本人に関する“遺産相続手続きの手紙”が送られてきていたと言う。 “育児休暇中のママ勝手に死亡届提出される” の続きを読む