今年もMajblommanの販売活動始まる

4月11日(木)、今年も子供達がMajblomman(マイブロンマン*5月の花)の造花のピンを売るため街に現れました。

Majblommanは1907年からある古いスウェーデンの慣習で、11歳〜12歳の子供達が経済的支援が必要な子供たちを支援するために販売活動を行います。

毎年花の色が変わり、2019年のデザインは白と黄緑色です。衣類や鞄に付けられる造花のピンの他に花のステッカー、花輪なども販売されます。

販売価格は20クローナ(約240円)から60クローナ(約720円)ほどで、購入金額の10%は販売した子供達に入るそうです。

今年はスウェーデン国王の王妃、シルビア王妃もMajblommanの花をSwishで購入したそう。

Majblommanの販売は5月3日(金)まで続けられます。

おすすめ記事!

 

 

 

Photo by Pixabay(※イメージ写真です)

スウェーデンは電子決済が便利!支払いに使えるSwish!

 

店内も持ち帰りも同税率なスウェーデンの消費税【Moms, Krona o Öre】

※2019年3月27日加筆・修正しました。

スウェーデンの消費税と軽減税率

こんにちは、Usaです。

日本も2019年10月に消費税が10パーセントに上がることがほぼほぼ決まった!?ようですが、今回は税金が高い国代表のスウェーデンの消費税はどんな感じなのか、ご紹介していきたいと思います。 “店内も持ち帰りも同税率なスウェーデンの消費税【Moms, Krona o Öre】” の続きを読む

お金が戻ってくる!スウェーデンのリサイクル【Pant‼︎】

※2019年9月7日加筆・修正しました。

アルミ缶とペットボトルのパントマークって?

こんにちは、Usaです。

スウェーデンではジュースや炭酸飲料のアルミ缶、ペットボトルをリサイクルに出すとお金が戻ってきます。

今回は、このスウェーデンのリサイクル『パントシステム(Pantsystemet)』についてのご紹介です。 “お金が戻ってくる!スウェーデンのリサイクル【Pant‼︎】” の続きを読む

スウェーデン旅行に両替は必要?

※2020年1月23日加筆しました。

キャッシュレス化が進むスウェーデン

こんにちは、Usaです。

皆さんは海外旅行にはよく行かれますか?

スウェーデンの都市、首都のストックホルムや第二都市ヨーテボリ、第三都市マルメ辺りだと、日本人旅行者も多く訪れているのではないでしょうか? “スウェーデン旅行に両替は必要?” の続きを読む