イケア(IKEA)の家具で死亡事故、被害家族に賠償金50億円

スウェーデンの家具メーカー「イケア(IKEA)」は、アメリカで起きた自社の家具の下敷きになり亡くなった子供の死亡事故を受け、賠償金総額50億円の支払い命令を受けた。

2017年5月、当時2歳の男の子ジョセフ君はお昼寝していると思っていた父親の目を盗んで同社の人気家具「MALM byrå」の下敷きになり、窒息により死亡した。

子供が犠牲となる同様の死亡事件は数件報告されており、その数は10人を超えると報告されている。

50億円の賠償金は、被害を受けた家族のうち3家族にそれぞれ分配される見込み。

おすすめ記事!

 

 

 

Photo by Pixabay

ショッピングモールの試着室で女性11人を盗撮

スウェーデン南部のショッピングモール『Väla(ヴェーラ)』の中にある衣料品店の試着室で、11人の女性が試着室を利用する様子を盗撮したとしてスウェーデン在住のポーランド人の男が逮捕された。

盗撮が発覚したのは昨年2018年の夏。男は、下記写真〔参考写真1〕の緑の✖️マーク側の更衣室に隠しカメラ〔参考写真2〕を設置し、その隣の青い✖️マーク側の更衣室に身を潜め女性が試着する様子を撮影した。

男に撮影された11人目の女性が試着中にカメラに気づき、隣で撮影を続ける男の腕を掴み、そのまま男は警察に逮捕された。

逮捕された男は、軽い刑と3000クローナ(約3万4千円)の罰金、男に撮影された11人目の女性には5000クローナ(約5万7千円)の賠償金を支払うよう言い渡された。

男はまた、昨年、ビーチで日光浴中の女性を撮影したとして訴えられたが、公共の場の写真撮影は違法ではないスウェーデンの法律により、無罪放免となっている。

※金額は2019年5月の為替レートで換算

〔参考写真1〕

〔参考写真2〕

  1. アンテナ
  2. ビデオユニット
  3. カメラ
  4. バッテリー
  5. メモリーカード
おすすめ記事!

 

 

 

Photo by Pixabay

妊娠中の女性警察官から銃を奪おうとした男が強制送還

今年1月6日に起きたストックホルム、Stureplanの繁華街警備のため勤務に当っていた妊娠中の女性警察官から銃を奪おうとした罪などで逮捕された30歳の男に実刑判決が言い渡された。

男は外国籍で暴行罪、強盗、強盗未遂罪、詐欺罪などの前科持ち。男の国籍は明らかにされていない。

事件が起きた当日、男は繁華街までタクシーを利用したが無銭乗車のため警察官が駆けつけた。

男はタクシー運転手に暴行を加えたうえ、対応していた妊娠中の女性警察官から銃を奪い取ろうと試みた。

男は当時ナイフも所持しており、『Jag ska döda er!(お前らを殺してやる!)』と叫んでいたと言う。

逮捕された男は殺人未遂罪に問われたが、銃器法違反と脅迫罪で4年間の懲役刑と、強制退去処分を言い渡された。

また国外追放後10年間はスウェーデンへの入国が禁止される。

事件に対応した警察官2名に対しては、それぞれに26000クローナ(約30万円)の賠償金の支払いを命じられた。

暴行を受けたタクシー運転手や他の被害者へにも賠償金の支払いが命じられた。

※金額は2019年3月の為替レートで換算

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


スウェーデンランキング

⇑⇑応援ポチッ感謝です✧٩(ˊωˋ*)و✧⇑⇑