スーパーのレジ袋が課税対象に【2020年5月1日施行】

※2020年1月29日更新

《施行日が早まり、3月1日から課税開始と発表がありました。》

来年、2020年5月1日(金)からスーパーのプラスチック製レジ袋に3クローナ(約33円)、量り売りの果物や野菜などを入れる小さなビニール袋には30オーレ(約3円)の税金が課税となる。

ほとんどのスーパーでは、レジ袋が2クローナまたは3クローナの有料だが、そこに税金が追加され、6クローナ、7クローナになる見込み。

※金額は2019年10月の為替レートで換算

おすすめ記事!

 

 

 

Photo by Pixabay

店内も持ち帰りも同税率なスウェーデンの消費税【Moms, Krona o Öre】

※2019年3月27日加筆・修正しました。

スウェーデンの消費税と軽減税率

こんにちは、Usaです。

日本も2019年10月に消費税が10パーセントに上がることがほぼほぼ決まった!?ようですが、今回は税金が高い国代表のスウェーデンの消費税はどんな感じなのか、ご紹介していきたいと思います。 “店内も持ち帰りも同税率なスウェーデンの消費税【Moms, Krona o Öre】” の続きを読む