【スウェーデン/刑務所人質事件】看守2人を人質にケバブピザ20枚を要求

2021年7月21日(水)の昼過ぎ、首都ストックホルムから車で1時間半ほどの位置にあるへルビー刑務所で看守2人を人質に取られる事件が発生した。

殺人罪で収監中の容疑者2人は、人質交換として他の囚人に配るためのケバブピザ20枚を要求し、警察官の手によって無事配達が完了した。

また容疑者の要求により、ヘリコプターも同刑務所に手配された。

午後7時半に人質1人目の解放、その後2人目の解放も確認されたと発表があり、人質事件は一先ず幕を閉じた。

おすすめ記事!

 

【動画有り】国外追放を阻止しようした女子学生に罰金

昨夏、スウェーデン第二都市イェーテボリにある空港で、国外追放処分を受けた元囚人のアフガニスタン人の本国帰国を阻止しようとしたスウェーデン人女子大生、エーリン・エーソンさん(21才)が飛行機の安全な飛行を妨害したとして、18日裁判所は彼女に罰金約3万5千円(3000kronor)を支払うよう命じた。

彼女は当初、別の国外追放令を受けたアフガニスタン人の本国帰国を阻止するためトルコ、イスタンブール行きの同飛行機のチケットを購入し、機内に搭乗したが、当の本人はその飛行機には乗っていなかったと言う。

すると、別の国外追放令を受けたアフガニスタン人男性を発見し、自らのスマートフォンで録画を始め『彼は国に帰れば殺される』などと抗議を始めた。

しかし、このアフガニスタン人男性は妻と子供に家庭内暴力を振るい有罪判決を受け刑務所で服役後、アフガニスタン帰国を望んでいたと言う。

§女子学生の機内動画をご覧になりたい方はこちら⇓

https://youtu.be/DHz4ZGgO53U

Photo by Pixabay (※イメージ写真です)