アパートの自転車置き場で爆発【リンショーピング】

6月7日の午前9時頃、ストックホルムの隣エステルヨットランド(Östergötland)県のリンショーピング(Linköping)市にあるアパート住宅街で激しい爆発があった。

この爆発により、近くに建つ6階建てのアパートのバルコニーや窓ガラスが吹き飛び、25人が軽傷2人が入院する大怪我を負った。

爆発の周辺の109戸が爆発の影響を受け、そのうち37戸が深刻な被害を受けた。

アパートの住人が利用する自転車置き場が跡形もなく吹き飛んでることから、爆弾らしきものは自転車置き場にあったと推測されている。

この爆発は、テロ行為ではないと報道されている。

おすすめ記事!

 

 

 

Photo by Pixabay(※写真はイメージです)

テロ計画をしたキルギスタン人らの裁判始まる

本日1月7日(月)、スウェーデン国内でテロ計画を準備していたとして逮捕されたキルギスタン人、ウズベキスタン人合わせて6名の裁判が開始された。

資金はトルコ在住のIS支援者の元に送金されていた。

彼らのうち3人は500kgの化学薬品と100リットルの液体薬品を所持していた。容疑者たちはそれらを使い爆弾の作成か科学ガスを用いたストックホルムでのテロを計画していたと見られている。