4月にマレーシア王族と結婚したスウェーデン人女性のその後

スウェーデン、Östergötland県の小さな町Mjölby出身のスウェーデン人、ルイーズ・ヨハンソン(32歳*Luise Johansson)さんは今年4月19日にマレーシアの王族Tengku Muhammad Faiz Petra王子(45歳)と結婚式を挙げた。

マレーシアは地域ごとにその州の王族が統治するイスラム教のスルターン制があり、Tengku Muhammad Faiz Petra王子は9つあるスルターンのうちの一つ、クランタン州の王族で皇太子だと言う。

マレーシアでは、この9つの王族が順番に5年の任期でマレーシア国王を兼任するのだそうだ。現在はパハン州のスルターン、アブドゥラ国王が第16代マレーシア国王に就いている。

そんなイスラム教の国、マレーシアの王族に嫁いたルイーズ妃は、結婚後チャリティーイベントなど王子と共に積極的に参加していると言う。

ルイーズ妃は飾らない性格で、イベントではエプロンを身につけ、スウェーデンの伝統焼き菓子シナモンロールを国民と一緒に焼いたりしたと言う。

また、貧しい人々に食事を寄付をしたりガン患者を見舞うため病院を訪問したりなど、王族としてしっかりと役目を果たしているようだ。

因みに、前国王でTengku Muhammad Faiz Petra王子の兄、第15代国王ムハンマド5世(49歳)は今年1月に体調不良とロシア人女性(25歳)との結婚が元で現役退位している。

マレーシアの王族が兄弟揃って、若い欧州女性と結婚したことで話題を呼んだ。

おすすめ記事!

 

 

 

Photo by Pixabay(※写真はイメージです)

太っていい火曜日!『Fettisdagen』

今年(2019年)は例年より遅めのあの日がもうすぐやって来る!

この時期になるとカフェなどでよく見かけるスウェーデン伝統のデザートがあります。

丸いパンを横に半分に切って、中にたっぷり生クリームが入ったそれは、スウェーデンの焼き菓子『セムラ』と言います。 “太っていい火曜日!『Fettisdagen』” の続きを読む