【居住登録/住民登録osv】スウェーデン渡航後にすべき7つのこと

※2019年7月20日に一部修正しました。

居住カード取得や手続き・登録などやるべきことまとめ!

こんにちは、Usa(@swedenjoho)です。

長年スウェーデンに居住している日本の方の感覚によると、年々スウェーデンに移住する日本人は増えてきたという印象を持つようです。

実際に徒歩圏内に日本人宅が数件なんてことも少なくないですね٩( ‘ω’ )و

スウェーデンに移住、留学、海外転勤などで渡航が決まったら『居住ビザ』を申請しますが、今年は長くてもおよそ1年ほどの待機期間でビザが下りているようなので、昨年に申請していた方や今年申請してすぐ下りた方など2019年もスウェーデンへ渡航する日本人は多いことでしょう。

そこで、今回はスウェーデンに“渡航後にやるべきこと”についてまとめてみました!

ただ、手続きの方法など筆者自身うろ覚えなところも多いので少し違っていたり、数年前と現在の方法が変わっていたり、そもそもやらなくても良いことや違う方法もある!かもしれませんので、ご参考までにどうぞ\( °ω° )/

1. 到着したら最寄りの移民庁へ

スウェーデンに来る理由は人それぞれ!一年の留学予定だったり、期間未定の仕事の為だったりしますが、これから説明する例は単純に「2年間スウェーデンに住む場合」を条件に説明していきたいと思います。

まず、”やるべきこと”の一連の流れを説明すると

  1. 移民庁(Migrationsverket)にてスウェーデンに“居住登録”を行う
  2. 税務署(Skatteverket)で“住民登録(Folkbokförd)”の手続きを行い、【Personnummer(社会保障番号)】を取得する
  3. 銀行口座開設とBank IDの取得
  4. Försäkringskassan(社会保険)に登録手続きを行う
  5. 運転免許証を持っている人はスウェーデンのものに書き換える
  6. (移民のためのスウェーデン語学校SFIの入学手続き)
  7. (スウェーデンの職安『Arbetsförmedlingen』に登録)

と言う流れになるかと思います。

スウェーデンに着いて一番最初にすることは、スウェーデンに居住していることを証明するため最寄りの移民庁で居住登録を行うことです。

これを済ませることで、スウェーデンはもといシェンゲン協定内の国々に3ヶ月以上の滞在が可能になります。

数年前、筆者が初めてスウェーデンへ渡航した際は、スウェーデンに行く数ヶ月前から移民庁での受付時間の予約が可能でしたが、現在もそうでしょうか?もちろん、スウェーデンに来てから受付時間の予約もできます

指定の受付時間に移民庁を訪れ、指紋、顔写真、署名などを登録します。所要時間10分ほどで終わります。

その後、1週間ほどで居住登録のカードが自宅に送られてきます。

短期滞在の方はこれだけで終わりですね♪( ´▽`) 筆者も一番最初の年は短期滞在だったため手続き諸々はこれだけでした。

(※Migrationsverketの日本語訳はネットを見ていると“移民局”と言う方が多いんですが、スウェーデン大使館は“移民庁”と訳していたのでそちらを引用しています。一方で、在スウェーデン日本大使館に電話した時は職員の方が“移民省”とも言っていたので、おそらく何でも大丈夫だと思います!)

2. 税務署に住民登録に行く

次に、1年以上の長期滞在をする方はスウェーデンの税務署『Skatteverket』で“住民登録”を行います。住民登録は先の“居住登録”のカードが手元に着き次第、手続きが行えます。

住民登録が完了すると、スウェーデンのマイナンバー【パーソナルナンバー(Personnummer*パスンヌンメル)】が与えられます。

パーソナルナンバーがある外国人市民もスウェーデン国民と同じく社会保障を受けることができます。有り難みない医療制度とか歯医者とかのですね。[参考記事:【高福祉社会の闇】タダじゃない⁉︎スウェーデンの病院・歯医者事情

これらの社会保障制度を利用するには『Försäkringskassan』への登録手続き(※)が必要になりますが、そのウェブサイトのログインに『Bank ID』というものを使用するので、本登録の前に次の手続きを行います。

(※) 情報を頂き、2017年より『Försäkringskassan』への登録は自動的に行われており、記事にあるような手続きは現在不要だそうです。

3. Bank IDの取得

スウェーデンには銀行口座を確認したり、モバイル決済の『Swish』使用時のパスワード的存在として『Bank ID(バンク・イーデー)』と言うものがあります。

これには“鍵”の役割があるので、スウェーデンの社会保障を受けるために必要な『Försäkringskassan』の登録にもこの“Bank ID”を使用します。

“Bank”と付くだけあって、銀行口座を開設しないと“Bank ID”も作れないかと言うと厳密に言えば口座開設をしなくても“Bank ID”は取得できますが、今後のスウェーデン生活で結局は“銀行口座”は必要になってくるので、どうせなら口座開設も一緒にしてしまうのが良いかと思います。

あらかじめお持ちのスマホに『Bank ID』のアプリをダウンロードしておくと良いと思います。ウェブサイトへは下のリンクから飛べます。
https://www.bankid.com

4. スウェーデンの社会保険

さて、“Bank ID”が無事取得できたならば、ようやく『Försäkringskassan』の登録手続きに入れます。

登録されると、怪我や病気で病院にかかったときなど国からの医療費補助を受けられます。歯医者にかかったときも同じです。育児休暇の支払いなどもこちらから保証を受けます。

仕事をしている方なら、病気等で出勤できない場合に保険から給与の80%が支払われます。

出産費用もスウェーデンでは無料ですが、この『Försäkringskassan』に登録がないと全額請求されますので、非常に重要な手続きです。

もし、この登録がないまま分娩で病院にかかると60000クローナ(約72万円)の支払い請求書が自宅に届くそうです。

『Försäkringskassan』のウェブサイトへはこちらからどうぞ!
https://www.forsakringskassan.se

5. 運転免許証の切り替え

お次は“運転免許証”についてです。

スウェーデンに1年間の居住予定なら日本から発給される国際運転免許証でも良いかもしれませんね。

もし、居住1年以上と決まっているならば、日本の運転免許証をスウェーデンのものへ移行手続きをすることをお勧めします。

切り替え手続きの際にはパーソナルナンバーが必要です。以前、運転免許証の切り替えについては記事にしましたので詳しくはそちらをご参照ください[参考記事:欧州以外は日本人だけ!切替可能な運転免許証&裏話

スウェーデンの運転免許証は身分証明やお店のポイントカードになるので、普段運転しないという方でも免許をお持ちなら切り替えが便利です。

6&7. 語学習得と就活

最後に、必要な方はスウェーデンの職安(ハローワーク)『Arbetsförmedlingen(アルベッツ・フォーメッドリンゲン)』の登録移民のためのスウェーデン語学校『SFI』(Svenska för invandrare /Swedish for immigrants)の入学手続きを行っても良いですね。

仕事で渡航する方はそもそも職業紹介所に行く必要ないですし、人によってはすぐにスウェーデン語学校に通う必要もないかもしれません。

英語で仕事している方など、渡航後すぐにはスウェーデン語学校に通わないという方も結構いらっしゃいます。通学は義務ではないので、いつ通い始めるかは個人の判断に委ねられています。

筆者の経験を少し話しますと『SFI』『Arbetsförmedlingen』どちらも結果的に意味ないものでしたが、人によっては良いきっかけになるのかもしれません。

『SFI』は良い学校かどうかは当たり外れが多く、筆者が行った学校&教師は大ハズレだったので記事に書くことは特にありません。学校の進級&卒業試験は受けさえすれば一発合格出来る程度のものだと感じました!

Arbetsförmedlingenは登録初回に担当者との面談が行われますが「知り合いやご友人、元同僚などに声かけできるならインターンで雇ってもらえないか相談してみてください」と言われて終わりでした。

また、筆者は専門職の免許証明書をスウェーデン語に翻訳したものを提出するよう指示もありましたが、正式文書提出後も何の連絡もありませんでした。

Arbetsförmedlingenの登録はしないよりはした方が若干マシくらいと思って、登録してみるのは有りだと思いますが、何か収穫があると思って期待して登録に行かない方が良いと筆者は思いますね。

スウェーデンで仕事を得るにはスウェーデン人でさえ“コネ入社”が多いそうなので、コネのない少数派移民出身者は職を得るまでひたすらチャレンジあるのみ!と思います。

以上、渡航後にするべきこと7点について簡単にですがご紹介しました。

この他にも『Swish』の登録もしておくと、よりスウェーデン生活に溶け込める準備万端かと思います!

最後までお読みくださりありがとうございました。よろしければ他の記事も覗いてみてくださいね!

おすすめ記事!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


スウェーデンランキング

⇑⇑応援ポチッ感謝です✧٩(ˊωˋ*)و✧⇑⇑

Photo by Pixabay

欧州以外は日本人だけ!切替可能な運転免許証&裏話

 

Pocket

アバター
About Usa 127 Articles
北欧スウェーデン在住Usaです! スウェーデン暮らしの中で『“見た!聞いた!”スウェーデン関連の情報』をお届けしています٩(ˊᗜˋ*)و

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*