【在住者必見!】スウェーデンのゴミの仕分け方法

ちょっと戸惑うゴミの分別方法を紹介!

こんにちは、Usa(@swedenjoho)です。

スウェーデンで暮らして早数年、今まで何となくの感覚でやり通してきたことがあります。それはゴミの仕分け!

これまで「このゴミはこっちかな?」とだいたいの感覚で仕分けして捨てていました。なので、間違っているものもあるだろなと常々思っていたので、この機会に改めて「ゴミの分別方法」を確認してみようと思います。

12種類のゴミの分別と無料の大型ゴミ集積所

まず、スウェーデンでは「燃えるゴミ・燃えないゴミ」でゴミの仕分けはしません。

筆者がスウェーデンに暮らし始めた頃は、よく生ゴミの袋に燃えるからと普通の紙ゴミとか混ぜて捨てていましたね。ちょっとずつスウェーデンのゴミの仕分けには慣れて行きましたが、今でも曖昧な分別のものもあったりします。

スウェーデンでは、ゴミは外置きの専用のゴミ箱に入れて回収してもらいます。戸建ての家庭は各家庭に回収ボックスを備えてますし、アパートは住人専用のゴミ捨て場に同じく外置きのゴミ回収ボックスがあり、いつでも捨てられます。

日本のように何曜日の何時までと言うのがないので、いつでも捨てられるのが良いですね!

それでは、家庭ゴミをどのように仕分けして捨てるのか見て行きましょう\٩( ‘ω’ )’ω’ )و /

スウェーデンでは、一般的に12種類のゴミの仕分けがあります。下の説明は筆者地域の仕分け例なので、違うところもあるかもしれませんが、ご参考までに読んでみてください!

  • 生ゴミ(Organiska avfall)
    指定の茶色い紙袋に入れます。対象ゴミは【野菜・果物の皮、卵の殻、エビなど剥き殻、枯れた花々、フィルターに入った濾したコーヒー、紅茶のティーバッグ、キッチンペーパー、紙ナプキン(Servett)、食べ残しの料理、お菓子(Godis)類 och så vidare 】があります。

  • 一般ゴミ(Restavfall)
    一般ゴミはスーパーのレジ袋に入れて全部まとめて出しています。対象は【食器用スポンジ、割れた食器・グラス、割れたガラス、陶器、セラミック、ワックスペーパー、布、破けた古着など、古本、ガム(Tuggummi)、おむつ(Blöjor)、生理ナプキン(Bindor)、タンポン、吸い殻(Fimpar)、嗅ぎタバコ(Snus)、封筒などの紙ゴミ、ハードカバーの書籍、掃除機のゴミ osv 】です。

  • 製品プラスチック(Plastförpackningar)
    硬い素材のプラスチック製品は中身を洗って専用の回収ボックスに入れます。対象は【洗濯洗剤などが入っていたプラスチックボトル、プラスチック製のキャップ、ペットボトルのキャップ osv 】です。

  • 紙パック(Pappersförpackningar)
    食品が入っていた硬い素材の紙ゴミは紙ゴミ用の回収ボックスに入れます。対象ゴミは【牛乳やジュースなどの紙パック、紙袋、包装紙、紙製の梱包素材、トイレットペーパーの芯 osv 】です。

  • 新聞紙(Tidningar)
    紙ゴミの中でも資源回収が出来るゴミは“Tidningar”用の回収ボックスに入れます!対象ゴミは【新聞紙、チラシ、カタログ、コピー用紙、文庫本(表紙が柔らかいもの) osv 】です。

  • 透明ガラス瓶(Ofärgade glasförpackningar)
    ジャム瓶などの透明ガラス瓶は洗ってから専用の回収ボックスに入れます。

  • 色付きガラス瓶(Färgade glasförpackningar)
    ビール瓶など緑色や茶色の色がついているガラス瓶も専用の回収ボックスに入れます。

  • 金属(Metallförpackningar)
    ホールトマト缶などの缶詰のゴミなどは金属ゴミ回収ボックスへ入れます!対象は【缶詰、スプレー缶、アルミホイル、ビール瓶の蓋、ティーライトキャンドルのメタルケース osv 】です。※金属製品はリサイクルセンターへ持ち込みます(Återvinningscentralen)

  • 小型機械機器(Småelektronik)
    ゲーム機器などの小さい電子機器は家庭のゴミとして捨てられます。対象は【オモチャなどの小型電子機器、携帯電話、ヘッドフォン、イヤホン、ケーブル/コード osv 】です。

  • 小型バッテリー(Småbatterier)
    バッテリーも回収できます。対象は【携帯電話用バッテリー、乾電池、ボタン電池 osv 】です。

  • 電球(Små ljuskällor)
    電球も回収ボックスがあります。対象は【電球(Glödlampa)、豆電球、LED電球、発光ダイオード osv】

  • 蛍光灯(Lysrör)
    家庭ではあまり使われませんが、蛍光灯も回収ボックスがあります。対象ゴミは【蛍光灯、LED蛍光灯 osv 】です。

と言う感じでゴミの分別をします。

筆者、紙ナプキンは“Restavfall”に捨ててましたー! 金属ゴミも捨てたことはないですが、金属製品は別(Återvinningscentralenで回収)だとは知りませんでした。電子機器や電球類もリサイクルセンターに持っていくものとばかり思っていて溜め込んでいましたね。

一度、きちんと確認することって大事ですね!

この他に地域ごとに、粗大ゴミ・大型ゴミ・リサイクルできるものなどを回収する集積所「リサイクルセンター(Återvinningscentralen)」があります。

だいたい大きい物を捨てることが多いので、車でリサイクルセンターまで行きます。リサイクルセンター入り口で運転免許をかざすとゲートが開きます。

その集積所はゴミの種類ごとに置き場が分かれているので、指定されたゴミ置場に持ってきたゴミを捨てます。クリスマスツリーなんかもこの集積所まで持って行き、「草木、葉っぱ」類の回収所に捨てます。

お住いのリサイクルセンターは一人につき年12回まで無料で捨てることが出来ます。

写真は数週間前にアパートのゴミ捨て場に捨ててあったローテーブル。恐らくは壊れていたのでしょう。本当はこのリサイクルセンターに持っていかないといけないんですよね。

いかがでしたか?

地域によって回収方法に違いがあると思いますが、スウェーデンではこのような感じでゴミを捨てています。

日本は数年前に燃えるゴミも有料の指定袋を買わないといけなかったり、大型ゴミも捨てるときに有料かつ申し込みが必要など手間がかかるようになりましたが、ここスウェーデンでは都合がつくときにいつでも捨てられ、“無料”というのは良いですね!

最後までお読みくださりありがとうございます!良ければ他の記事も覗いてみてくださいね(°´ ˘ `°)/

おすすめ記事!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


スウェーデンランキング

Photo by Pixabay

Pocket

アバター
About Usa 127 Articles
北欧スウェーデン在住Usaです! スウェーデン暮らしの中で『“見た!聞いた!”スウェーデン関連の情報』をお届けしています٩(ˊᗜˋ*)و

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*