スウェーデンのスキンケア方法とスウェーデン語

※2021年8月17日加筆修正しました。

スウェーデンのスキンケア・鎮痛薬の紹介

こんにちは、Usa(@swedenjoho)です。

スウェーデンに来た頃、筆者が非常に困った問題は生活用品の購入でした。

シャンプー・コンディショナー、ボディーソープ、スキンケア用品、洗剤類、薬類を買いたいのに表記はほとんどスウェーデン語!!!それも知らないメーカーのものばかり!

スウェーデン語がすでにビギナーレベル以上な方なら単語を見てどんな商品か分かるか、もし分からなくても大体で予想つくかもしれませんが、筆者はスウェーデン語レベルゼロでスウェーデンにやって来たので、それはそれは毎日買い物でてんてこ舞いでした。

スーパーでの買い物も何が何だか分からず困惑する毎日でしたが、なんとかここまで生活出来ています。

いまだに「どれ買ったらいいんだ」と買い物難民だったりもしますが、今回はそんな日々の生活で活躍できそうな情報【洗面所・お風呂場版】をお届けしたいと思います。

これスウェーデン語でなんて言う?

まず、商品を買うにも「単語が分からないと買うことも出来ない!」と思いますので、スウェーデン語の単語のご紹介します!

説明できるものについては下に記述していきます。

◇スキンケア『Hudvård(フッドヴォード)』

◇身体『En kropp(クロップ、*Kroppen:クロッペン)』

◇肌『En hud、またはen hy』
t.ex.) スキンクリームは『Hudkräm(フッドクレーム)』、ボディクリームは『Kroppskräm』海外製品も多いので英語表記の“Body cream”と書かれたものも多いです。顔の皮膚は“Hud”、“Hy”どちらも使い、身体の皮膚は“Hud”を使います。

◇髪『Ett hår』
※(英) Hair  英語が普通程度分かっていれば分かるスウェーデン語の単語も多いですね。

◇シャンプー『Schampo(フアンポー)』
※(英)Shampoo 発音は違いますが綴りは英語と似ていますし、日本語でもシャンプーなので分かりやすいですね。

◇コンディショナー『Balsam(バルサム)』
これは違いすぎて昔困った記憶を思い出します。余談ですが、単語から某防虫剤の商品を思い浮かべたのは筆者だけですかね?

◇ボディーソープ『Duschgel(ドゥッシュ・イェル)、またはShower gel』
スウェーデンには乾燥肌の方が多いので、オイルタイプのボディソープもあり『Duscholja(ドゥッシュ・オイリヤ)』と言います。

◇洗顔フォーム『Ansiktsrengöring(アンシクツ・リンヨーリング)、またはAnsiktstvätt(アンシクツ・トヴェット)、Cleansing foam』
英語表記も多く『Face wash』『Facial wash』など分かりやすいです。ただ“Ansiktsrengöring”と分類されてる物でも洗顔料だったり化粧落としだったりするのでパッケージの説明書きは要チェックです!

◇化粧品『Smink(スミンク)、またはMakeup』
英語の“Make up”でも通じますし、“Smink saker(化粧品の物)”または“Makeupgrejer/Sminkgrejer(スミンク・グレイヨー*化粧の物)”という言い方もします。

※ちなみに“Grejer”と言う英語で言うと“Things”は会話の中でよく出て来ます。

◇リップクリーム『Läppbalsam(レップ・バルサム)、またはLip balm』

◇デイクリーム『Dagkräm(ドーグクレーム)』
スウェーデンでは基本洗顔後はこれ一つのようです。化粧水や乳液はあまり一般的ではないです。

◇ナイトクリーム『Nattkräm(ナットクレーム)』
夜、洗顔後に使います。

◇普通肌『Normal hud/hy(ノルモール・フッド/ヒー)』

◇乾燥肌『Torr hud/hy(トール・フッド/ヒー)』

◇オイリー肌『Fet hud/hy(フェット・フッド/ヒー)』

◇混合肌『Kombinerad hud/hy(・フッド/ヒー)、またはBlandhud/hy』

◇敏感肌『Känslig hud/hy(シェンスリッグ・フッド/ヒー)』

◇化粧落としジェル『Rengöringsgel(リンヨーリング・イェル)、またはCleansing gel』
化粧落とし用のクレンジングオイルはあまり多くは売ってない(※2021年は以前より増えたように思います)ので、ぬるま湯で洗い落とし派の方はGelやフォームタイプがおすすめ。※最近はクレンジングオイル(Rengöringsolja)も店頭やネットでも普通に見かけます。

◇薬『Läkemedel(レイケミエデル)』

◇サプリメント・錠剤『Tablett、複数形はTabletter』
t.ex.) 鎮痛剤は『Värktablett』と言います。

◇綿棒『Bomullspinne(ボームルス・ピンネ)、複数形はBomullspinnar』

◇ティッシュ・ハンカチーフ『Näsduk(ネースドゥック)、複数形はNäsdukar』

◇石鹸『Tvål(トヴォル)』

◇洗濯洗剤『Tvättmedel(トヴェット・ミエデル)』

スウェーデンでは、カラー用とホワイト用の洗濯洗剤を使い分けます。

◇柔軟剤『Sköljmedel(フェーリ・ミエデル)』

左の白いボトルが柔軟剤です。ピンクの『Vanish』はどの家庭でもあると思います。これは落ちにくい汚れ落としに使っています。

◇トイレ掃除、お風呂等掃除スプレー『Rengöringsspray、Rengöringsmedel
『AJAX(アヤックス)』のスプレーはお掃除の定番アイテムですね!

と言う感じで、日用品の買い物で出て来そうなスウェーデン語の単語をまとめてみました。

何となくでも覚えておくと買い物で役立つと思います。

おすすめの商品は?

髪や肌に使うものは、人により合う合わないだったり、海外製品も沢山あって選択肢はかなりあるので、個人で好きなものや肌に合うものを見つけていく他ないのですが、日用品でお勧めできるものとしては、薬関係で言うと鎮痛剤・解熱剤の『Alvedon(アルヴェドン)』です。

Alvedonは妊娠中の方が飲んでも安全な成分で出来ています。錠剤タイプ(下記写真右下)と水に溶かして飲むもの(上の円形ケース)、ラムネのように舐めて飲むタイプ(左下)があります。Alvedonの座薬もあります。

メジャーな鎮痛剤に『Ipren(イプレン)』と言うのもありますが、こちらには流産や奇形のリスクが高まる成分“COX-hämmare”が入ってるので、妊娠中の方は注意が必要です。

日々のスキンケア方法は、日本だと洗顔後は化粧水、乳液と色々使いますが、スウェーデンでは

 

基本、朝の洗顔後は“デイクリーム”を、夜の洗顔後は“ナイトクリーム”

を使います。

 

デイクリームは日焼け止め成分も入っており、油分が少なめで化粧下地としての役割も持つそうです。

ナイトクリームは夜に使うため日焼けを予防する必要がない分、油分が多めでお肌を修復する成分が配合されているのだそうです。

これは朝と夜で、クリームは使い分けた方が良さそうですね!

これらの基礎化粧品にプラスα使う方は洗顔後に

 

『Toner(拭き取り化粧水)』や『Serum(セアルム*訳:血清、セラム)』と言う皮膚により深く浸透する美容液を塗ってからデイ/ナイトクリームを塗る

 

のが、“スウェーデン流お肌のお手入れ方法”です。

『Serum、Dagkräm、Nattkräm』はいろんなメーカーから出てますので、お気に入りを探すのも楽しいかもしれませんね。

下の写真2枚は、薬局でも購入できる基礎化粧品です。それぞれデイ・クリームとナイト・クリームがあります。

『IDUN(イードゥン)』というメーカーに関しては①洗顔、②セラム、③デイ/ナイトクリーム、アイクリームの順番で使う商品が売られています。

ちなみに筆者はスウェーデンでは乾燥しやすいので、乾燥肌用のクリーム“Torr hud”と書かれている商品を選んで買うことが多いです。

ヘアケアは、スウェーデンの硬水に慣れた現在は洗髪後のギシギシ感はあまり感じませんが、慣れるまでは少し悩まされました。

化粧品と違って日本でシャンプー類を買ってスウェーデンに持ち込むには重さもありますし、購入頻度も多いのでこちらで買う方が良いですよね。

日本でも売っているメーカーの物もスウェーデンで売っているので、とりあえずの物は買えますし、慣れるまでの辛抱です。

さて!

スウェーデン語だらけの商品が何なのかが分かれば、あとはお気に入りのものを買うだけなので、買い物に困ることも少なくはなって来ますが、一つ悩ましい問題は、シャンプーからスキンケア商品から何まで全て容量が少ないのがいつも不満に思う点ですね。

スウェーデンでは、シャンプー・コンディショナーは200mlのボトルが主流です。

日本のような500ml程入ったボトルはほぼないですし、詰め替え用は全く売ってないので、すぐに買い足さなければならないのがちょっと不便かなと感じますね。(※サロンやヘア商品専門店では大容量サイズのシャンプー・コンディショナーの販売はありますが、お値段もします。)

[※2020/11/3 加筆しました]

スウェーデンにある激安店(ウラレッドやドラーストア、Rustaなど)に行くと“Value size(500ml)”も購入できました。

1000mlサイズの物もありました。激安ショップ系はあまり行ったことがなかったんですが、最近は行ける時に買いだめするようにしました。

【2021年8月 加筆しました】

最後に昨年、我が家に待望の洗濯機が来たので軽くご紹介します!…と言いたいところですが、筆者自身も今だに使いこなせないスウェーデンの洗濯機です。

温度設定は冷水から90度まであるし、初期設定だと洗濯時間が3時間28分もかかりますm(_ _)m

以上、スウェーデン語、スウェーデンのスキンケア方法、ヘアケア方法などのご紹介でした。いつもご愛読いただきありがとうございます。

おすすめ記事!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村


スウェーデンランキング

Photo by Pixabay

Pocket

About Usa 163 Articles
北欧スウェーデン在住Usaと申します。 スウェーデン暮らしのあれこれを備忘録がてら現在不定期でお届けしています! 育児中の2019年〜は出産育児関連多めに更新中です!

4 Comments

  1. こんにちは、初めまして!!
    この秋から夫の赴任についてスウェーデン(の田舎)へ行く予定で
    生活情報を探していてたどり着きました!!
    記事を読んで『知りたかった情報が網羅されてる!!』って感動してしまいました。

    子ども(6歳pojke 2歳flicka)も一緒に行くので
    子ども用品に関する記事も熟読させていただきますね♪

    • sakiさん、初めまして!コメントありがとうございます😚

      スウェーデンに転勤されるのですね!初期の記事は手探りで書いてたので読みづらくてすみません💦💦時間が取れる時に少しずつ手直ししております😅お役に立てることがあれば嬉しいです。日本食材(主に中国産ですが)なんかは高いし質は物によりけりなとこはありますが、住めば都ですよ😂渡航の際は水着の持参をお忘れなく〜😁🎶

      • 返信ありがとうございます!!

        用品のスウェーデン語表記があったりしたのが、すごく助かります。
        今回の赴任、会社的にも初の試みなので前任者もおらず「出たとこ勝負」感が半端ないのです(苦笑)

        水着ですか?!
        サウナ文化があるとは認識してましたが、あまり気にとめていなかったアイテムでした(汗)
        手持ちは出産前に買ったものしかないなぁ・・・売り切りセールとかもっかい確認しておきます!!

        • スウェーデン初進出の試みなのですね!お話聞いてるだけでワクワクしちゃいました!
          スウェーデン語表記は自分の勉強の為に書いてたんですが、コメントいただいて読み返したらすっかり忘れてます😹
          振り返るきっかけを頂いて感謝です♡

          サウナで水着着用のとこ多いですよ!サウナ入らなくても海に飛び込んでぷかぷか浮いてるスウェーデン人は夏場冬場普通におります(´▽`;)
          無理に付き合わなくてもいいんですけど、あれば異文化交流もできるし、ないならないで飛び込まずにすみます笑 ご参考までに!記事に写真など追加してみました。そちらも良かったらご参考ください₍˄·͈༝·͈˄₎◞ ̑̑

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*