原則母国申請のビザをスウェーデン国内から申請する2つの方法

居住ビザをスウェーデン国内から得る方法

こんにちは、Usa(@swedenjoho)です。

スウェーデンで暮らすために必要な居住ビザ申請には原則申請者母国からの申請が必須なのですが、実はスウェーデン国内からの申請も可能なのはご存知ですか?

この申請方法は『Inifrån-ansökan(イニフロン・アンソーカン)』と呼ばれるものです。

国内申請はスウェーデンに仕事があるなど、すでにスウェーデンでの生活が定着している方などが居住ビザの更新のために行います。

この申請方法の対象となる日本人の方はあまりいないかもしれませんが、今回はご参考までにその例をご紹介して行きたいと思います。

居住ビザのステイタス・チェンジ

一つ目の国内申請方法は、既に持っている居住ビザから他の居住ビザに変更手続きの申請をする方法です。

これをスウェーデン語で『Statusbyte(ステイタスビュッテ)』と言います。

この申請には観光ビザからは出来ません

観光ビザでスウェーデンに入国した場合は一旦日本に帰国し、日本から申請することになります。

よって、このステイタス・チェンジの申請対象者は労働ビザをお持ちの方、学生ビザを持っている方などに限られます。

ビザ審査氷河期の2015年から2017年ぐらいまでは、労働ビザからのステイタス・チェンジの申請も他の居住ビザの申請と同様、申請が通るまで1年半から2年近くかかっていました。

学生ビザからのステイタス・チェンジも同様です。同時期だと長い方で2年かかったそうです。

スウェーデンに居住許可がある学生ビザからも、別の居住ビザ(サンボビザ等)に変更希望の場合にステイタス・チェンジの申請が適応されますが、この申請には条件があります。

学生ビザからの居住ビザ変更の申請者には

◇Högskola(ホーグスクーラ*専門大学)、Universitet(総合大学*学位習得可)などの大学の入学許可を得てスウェーデンに居住している

◇大学の高等教育もしくは大学院教育の30単位(Högskolepoäng:ホーグスクーラポエング)を取得している

以上の項目を満たしていることが条件になります。

ですので、単位取得がない専門学校等の学生はステイタス・チェンジの申請は出来ません。

ただご注意いただきたいのは、これら国内申請対象者に該当するスウェーデン居住者でも申請が却下になるケースもあります。

過去には労働ビザからでも申請許可が下りない方がいらっしゃったり、労働ビザの一種『Au pair visa(オウペアー)』という“住み込みのベビシッター兼家政婦の居住ビザ”があっても申請却下になる例がありましたので、確実に申請が通るものではないことはご留意ください。

次に2つ目のちょっとハイリスクな国内申請方法をご紹介します。

Pocket

アバター
About Usa 127 Articles
北欧スウェーデン在住Usaです! スウェーデン暮らしの中で『“見た!聞いた!”スウェーデン関連の情報』をお届けしています٩(ˊᗜˋ*)و

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*