【高福祉社会の闇】タダじゃない⁉︎スウェーデンの病院・歯医者事情

スウェーデンの医療費無料の裏側!

こんにちは、Usa(@swedenjoho)です。

北欧スウェーデンと言えば、特にスウェーデンに興味がない方でも高福祉社会、医療費無料の国と言った印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

しかし、これは表向きの話…

実際のスウェーデンの医療の現場がどんなものか、筆者体験話を含めご紹介していきたいと思います。

まず、“医療費無料”という点ですがスウェーデンでは18歳以下は医療費が完全に無料です。

歯医者も矯正治療も含め24歳以下が無料になります。

ただし、歯科矯正は程度により有料になることもあるそうです。

わざわざ治さなくてもいいような小さな矯正治療は歯科医師の判断により無料治療対象外となるんだそうです。

“歯科矯正も無料!”だなんて羨ましい限りですよね!

スウェーデンに住む子供は基本的に医療費がかかりません

“18歳以下の子供は無料”と言うことは、18歳以上になるとどうなるでしょう?

そうなんです、実際にはスウェーデンでは18歳以上は医療費、24歳からは歯科治療は有料ということになります。

日本のメディアでも盛んに“スウェーデンは医療費無料”と言われていますが、実際は成人した国民には医療費の支払い義務があります。

とは言いましたが、病院にかかる治療費支払いには上限はあり、ごくごく一部の負担です。

年間で診察費が1150クローナ(約1万4千円)、処方箋がある薬代が2300クローナ(約2万7千円)までは自己負担になります。

これら医療負担費を“Patientavgifter”と言います。日本と比べれば、断然医療費は安いですよね。

しかし、何か大きな病気をして通院や入院をした場合に、この医療費控除はとても有り難いですが、幸運にも健康で滅多に病院にかからないのであれば、あまり有難みのない制度かなと筆者個人的には思います。

なぜ、そう思うのか説明をする前に、まずはスウェーデンで病院に行きたいときにどうすればいいのか紹介します。

※金額は2019年3月の為替レートで換算

病院に行く前にすること

スウェーデンでは、もし体調が悪く医者に見てもらいときにはまず《1177》番に電話をかけます。ここは“Vårdgaiden”と言う24時間電話対応している健康相談窓口のようなものです。

そこでオペレーターの看護師に症状を伝えます。症状を聞いて薬を飲んで様子を見るように言われることもありますし、即日クリニックの予約を入れてくれる場合もあります。

筆者はスウェーデンへ来てすぐに皮膚トラブルが出たので、1177に電話してクリニックにも2回行きましたが、正直に言ってクリニックに行った意味はなかったですね。

1回目は、血液検査のために採血してだけで薬も出されず帰らされました。

要するに“もう少し様子見してみて”と言うことです。治療は一切されませんでした。

しいて言えば、この診察時に受けた血液検査で食物アレルギーが発覚したぐらいです。

根本的な治療はされなかったので、5年経った今でも原因不明の皮膚疾患を患っています。スウェーデンの医療実態については後半にさらに後述していきます。

そして、緊急電話(SOS Alarm)の場合には《112》番に電話しましょう。こちらは救急車の手配など対応してくれます。

Pocket

アバター
About Usa 132 Articles
北欧スウェーデン在住Usaです! スウェーデン暮らしの中で『“見た!聞いた!”スウェーデン関連の情報』をお届けしています٩(ˊᗜˋ*)و

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*